FC2ブログ
日々の雑記
投資に関するメモとアニメ・読書感想と日々の雑記
プロフィール

HN:cohol



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



月別アーカイブ



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



リンク



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


持ち家か賃貸かに欠けている視点
よく、持ち家か賃貸かって話がはてなだったり巡回先だったりで紹介されてるんだけど

ずいぶん前からしっくりこない。なんでかっていうと自分に必要な視点が欠けているから。

ということでじっくりと考えることも兼ねてどっちのほうが得かということを書いてみる。

1.それぞれのメリット
2.決定的すぎる持ち家のデメリット
3.自分の場合

1.それぞれのメリット

持ち家と賃貸のメリットは以下だと考えてる

持ち家
・ローンを払い終わると資産になる
・ローンに対して優遇税制がある
・壁に画鋲うったり壁紙張替えたりと自由度が高い
・ローンが残っていた場合に、稼ぎ頭が死んでも団体信用生命保険で残された家族が安心
・ローンを支払い終わると毎月の生活に占める固定費の割合が小さくなる(老後安心
・買うときの相続税優遇がある(なんか最近変わってたはずなので詳細は不明)

賃貸
・身軽(場所的にも金銭的にも)

ってことで、身軽さが必要ない人は持ち家でいいと思う。
身も蓋もないんだけど。

2.決定的すぎるデメリット

A)転勤による持ち家売却、貸し出し
B)自然災害
C)ライフスタイル、ライフステージに合わせられない

A)転勤による持ち家売却、貸し出し
 家を買いました、地方に転勤になりました。っていうのはよく聞く話。
 実際に転勤になった場合には、
 a)貸し出す
 b)売る
 c)単身赴任
 の三択になるはず
 家庭を持っていなければ好きなように選べばいいけれど、
 夫婦ふたり共働き、子どもがいるという場合には選択肢に非常に悩むことになる

 貸し出すってなると、元の場所に戻ってきたときに、
 自分たち以外の誰かが住んだ家に住まないといけなくなるリスク、
 そしてやはり借り手が見つからない間にローンがのしかかってくる

 売るってなっても、ローン帳消しになることはほとんどない

 単身赴任の場合には、赴任手当が出ることが多いとはいえ、生活費は確実に増える

B)自然災害
 東北関東大震災の被害状況がテレビで特集されてる昨今、入る人が増えた(と思ってる)地震保険
 だけれど、地震保険はローン全額を支払うのには十分ではないのもまた事実
 そのため、万が一災害に巻き込まれて住居を失った場合には二重ローンになる可能性が高い
 これは今後の保証次第だけれど、何かあったときに身動きが取れなくなるというのは非常に大きいと思ってる

C)ライフスタイル、ライフステージに合わせられない
 夫婦ふたりでは2Kで十分、子どもができたら3LDK、老後はまた二人だから2Kで十分
 というような住み替えは持ち家では難しい
 結局のところ、大は小を兼ねるということで将来的に必要な最大スペースを選ぶことになる

3.自分の場合
 将来的に転勤がある可能性が非常に高い
 海外転勤の可能性もある
 持ち家自体は買ってもいいが、何かあったときにキャッシュを産まない負債にはしたくない

 ということから、予算内で買えて、かつ貸せる家だったら買う
 「一生に一度の買い物だから。自分がずっと住むから」
 これは買っていい理由にはならないと思ってる

4.とはいえ
 持ち家志向の強い人が多いのも事実
 理詰めじゃなくて感情で考えてから、万が一に対する対策をしっかりたてればいいんじゃないでしょうか
 ただ、
 今買った家にに30年後も住んでるの?
 老後もそこに住むの?
 会社倒産したらどうするの?
 ということは買う前にしっかり決めておいたほうがいいと思う
 こんなご時世ですし
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://cohol.blog48.fc2.com/tb.php/2-adff3cdd



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。